FC2ブログ
  • «
  • 2019'10:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

僕は友達が少ない6巻 感想

さて、実質現在の最新刊である6巻だが、
どうやら4巻辺りで出てきた星奈婚約の付箋は7巻でようやく回収されるようだ。

まぁそんなことはどうでもいいとして。

とりあえず5巻で付箋の貼られた夜空&小鷹の幼馴染の下りだが、
どうやら星奈は過去は過去として特に気にしていないらしく、
あんまり話を広げることもなく収束した。
まぁ続きを気にさせるだけだけに作ったフラグに見えるが、
別にそれでもいいと思った。
おそらく星奈をどう右往左往させるかを考えてのフラグだろうが、
ようするに星奈には『夜空』について考えて欲しかったのだろう。


そう、なぜ『夜空』が小鷹と親友だったことを言わなかったのか、だ。


それはさておき、今回は学園祭ネタと誕生日フラグ、
最後にケイトと理事長の星奈に関する付箋貼りがあった。

学園祭は……いつも通りの夜空攻め星奈受けといったところか。
小鷹も思っていたが、星奈は簡単に変な男にたぶらかされて
ついていってしまうんじゃないかと心配になるほどの
残念バカだということがわかる。
可愛いと言ってしまえばそれまでだが、現実問題かなり危険。
取り返しのつかないことを真っ先にするタイプだろう。

メイド服を着た理科はもうどうしようもなくツンツンだった。
これはひどい。


で、やはり今回の主役イベントであろう小鳩の誕生日イベント。

そういえばこのイベント中、星奈のメールにあった
「小鳩ちゃんぺろぺろ(*´ω`*)」がマジでイラっときた。
星奈マジで辞めてほしい。人生を。

小鷹のメール返答の「わかったからぺろるな」はかなり面白かったが。


服装の話も出てきて、小鷹が理科に対して最近よく
思ったことが口に出てしまい、それが完璧ハートをわしづかみな内容なので
理科ルートも見え隠れする……する……してるか?

とにかく理科が見た目では可愛いという認識が漏れ出したりしている。
実際、洋服買ってきた後の理科は差し絵を見る限り別人レベルで可愛い。
しかしそれ以上に、夜空の元来ていたボーイッシュスタイルの服装をまとった
幸村のほうが15倍ほど可愛いのが残念だ。理科乙。
小鷹も幸村の服装に関しては「やるじゃん!」
絶賛している。もう幸村ルートはいつでも入れるようだ。

小鷹のフライパンマニアが星奈に露出した下りでは、
星奈の小鷹に対する意識確認が行われる。
もうほとんど告白に似たようなセリフを星奈が吐くが、
エレベーターの人ゴミがナイス邪魔をしてくれて
うやむやになって次に進んだ。

「なんでそんなに残念なのよーー!!」とは星奈のセリフだが、
これはおそらく全読者……そして作者も思っているであろうことで、
「お前もな!」と思わず言ってしまう言葉だった。

そして誕生日パーティ当日。
ひどいクラッカーの使い方をした後、なかなか感動的な
誕生日を始める隣人部。
星奈のむかつく小鳩への対応も、このシーンでは
ある意味盛り上げ役になり、今回だけは許してやろうという気になった。
紙袋に大量に入っているプレゼント、
それを自分で持つと言いだした小鳩。
とても幸せそうだったという描写から、
小鳩にとってはすごく大切な1日だったんだなと実感できた。


大切な1日であってほしかった。


その後、羽瀬川家に高山姉妹乱入。
いや、これはこれでにぎやかでいいのだが、
小鳩的には微妙なところだろう。
まぁ、残念な部分もあるけど、やっぱりマリアからプレゼントもらったときには
そんな残念なところも吹っ飛んだだろう。
やっぱり、素敵で幸せな1日に違いない。

このような話を持ってきてくれた作者には本当に感謝する。
もう小鳩が幸せを感じられるなら、こちらもそれ以上の幸せはない。
5巻もよかったが、6巻の小鳩関係のシーンはそれ以上に素敵だった。
ていうかもう小鳩は残念な人間じゃない気がする。
『100人の友達より1人の親友』がもういる気がする。
これだけみんなに愛されているんだから。


他の隣人部メンバーはともかく。


そういえばお風呂シーンがケイトだったが、
この人は攻略可能なのだろうか……?
とりあえず表紙にならずに、6巻で表紙が夜空に戻ってきた時点で、
ケイトはおそらくMOBだと思うのだが……。
まぁ、今後ケイトのメインシーンがあるなら(てか初回遭遇はメインシーンか?)
今後キャラ評価に入れてみようと思う。
でも隣人部じゃないし、やっぱり違うのかなぁ。



で、最後に番外編の『禁じられた遊び』だが、
どうやらドラマCDの小説版らしい。
私は普通のほうを買ったので持ってないのが残念だ。

内容は声優をやろう⇒エロシーンあり⇒夜空キレるがやることに⇒
高校生がやってるとばれて発売中止⇒小鷹エロシーンないバージョンやる⇒
小鷹が夢を見だして壊れる⇒なぜかエロシーンがある⇒
夜空がキレる⇒忘れる
という流れだった。

そう、この話は今手元に持ってるはがないの同人誌
『僕たちはRPGをやっていたはずだけど何故かこんなことに』の
内容に似ているので、おそらく6巻の番外編のネタが
同人誌になったんだなとここで気付いた。
ちなみにその同人誌はフルカラーでがっつり18禁なのだが、
ところどころネタが入ってたので
個人的には爆笑しながら見れたのだが……。
しかし、触手大魔王という字面が大爆笑触手王にしか見えない。

まぁ、同人誌の話は置いといて。

その同人誌と負けずとも劣らずな十八禁行為を表現している原作、
僕は友達が少ない6巻である。(むしろ原作のほうが……いや、まさかそんな……)
当然十八禁といえばこの方

星奈「きゃっほおおおおおう! 小鳩ちゃんのいやらしボイスきたあああ!! 
   ちょっと代わりなさいよ小鷹!」

何こいつ残念通り越して念も残らない

確かに小鳩演じるフィアは魅力的かもしれないが、
しかもエロシーンだから解らなくもないが、
それにしてもひどすぎる理事長の娘だ。


で、そんな内容がドラマCDにほぼ偽りなく乗っているということは、
井上麻里奈さんやら伊藤かな恵さんやらが
この残念なセリフを読んでいるということか……。
ちなみに井上麻里奈さんは自分のイメージではみなみけの夏奈、
伊藤かな恵さんはしゅごキャラのあむちゃんかな。
うぅむ……脳内再生しようと試みているが
モヤがかかって再生できない。


ちなみにインターネットラジオステーション音泉では
羽瀬川小鷹役の木村良平さんと
三日月夜空役の井上麻里奈さんがラジオをしている。
第0回はまだ配信中なので聞ける人は聞いてみたらどうだろうか。
かなり残念なラジオになっていきそうで面白そうだ。



さて、こんぐらいかな。
次にキャラ評価だが、時間かかりすぎてるのでちゃちゃっと行く。

夜空は可愛いところをちょくちょく見せてくるが、
このはがないのメイン路線にあまり顔を出さない感があるというか、
出番が少ない気がする。
メイン路線というのはおそらく星奈がズンズンフラグをたてまくっている
婚約の付箋のことで、その事象に関して夜空はまだ
知覚さえしていないと思われる。もし夜空がヒロインであるなら
非常に厄介で不利な立ち位置にいると思う。
ようするに今までと評価はあまり変わらない。

順位的には3位。


星奈はもう語るのも無駄。

順位はランク外。


幸村は女ということがばれてからも普通に進行しているように見えるが、
小鷹の反応がだんだん良くなってきている。
まさにその全ては「やるじゃん!」に収束している。
脚を出すのを恥ずかしがっている点から見て、
『男らしくない』ことよりも『女の子として脚を出すのが恥ずかしい』に
変化しているような気がする。そこがまた可愛いところである。

夜空と同じく不動の2位。幸村ルートがあるのならぜひお勧めしたい。


続いて小鳩。この世界全てが小鳩のために作られ、形成されていたらいいのに…。
とまぁ誕生日イベントがあったので、幸せそうな小鳩を見れて
さらにさらに大好きになってしまった。
全部を厨二で返さず、受け取るときは素直に受け取る小鳩は
何物にも代えられない絶対無比の可愛さがあると思う。
この物語に星奈とマリアがいなければいいのに。

ということで順位はもちろん1位。


続いて理科。服装チェンジしてきたことで見た目的な可愛さでは
ほぼ完成と言ってもいいかもしれない。
5巻のブラックドラゴンのくだりや6巻メイドでのくだりを見る限り、
もうどう見てもドSだとわかった。
うん、嫌だ。でも小鷹がぽろっと、しかも恋の深みにはまるような
本音が出たときなんかは、ぶっちゃけ一瞬だけ変態がおさまるので、
やはり星奈よりは希望はあると思う。

てことで4位。


で、マリア。いつも通り。
ぶっちゃけ小鷹がマリアを意識するシーンがまるでないので
もう攻略キャラじゃないんじゃないかと思い始めてきた。
むしろケイトになってきた気がする最後で。
とりあえずマリアは小鷹の妹になって終了になりそうな気がする。

まぁ希望も含めて5位。



まとめた結果はこちら。

1位 小鳩
2位 幸村
3位 夜空
3位 小鷹(一応)
4位 理科
5位 マリア


こんなところか。

さて、7巻はどうやら今年の秋に出るそうなので、
楽しみにしておくとする。アニメはどうするかな…。
とりあえずビデオとかそういうたぐいがないので
リアルタイムしか見れない。
深夜アニメだっけ?それならちょいちょい
思い出したら見て行こうと思う。
小鳩が酷い扱いをされていなかったらいいのだが…。
PV見る限りだと、まーおそらく残念なことになりそうだが。
ていうか小説のほうの挿絵が特徴的すぎて、
アニメ版は安っぽく見えるかもしれない。それが心配だ。
スポンサーサイト



Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです





        
Top
Trackback
http://bloodyrosary2.blog93.fc2.com/tb.php/148-01dfa81a
Top