FC2ブログ
  • «
  • 2019'10:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

恋する乙女と守護の楯 第一防衛

さて、6年かそこいら放置していた詰みゲー、
『恋する乙女と守護の楯』をやってみた。

まぁ、現在の携帯の箱どこいったかなと思って
探してたついでにポロっと出てきたし、
最近狩りもあんましてないからやってみようと思っただけ。


さぁて……どこから話すかねぇ……。


オープニングムービー、結構モバゲーが忙しくて
あんま見てなかったんだけど、
チラ見したら風音様と北斗南と如月葵が声優陣に居た。
北斗は毎度のことだとして、
如月葵。確かクロハの夷月(主人公)、
そして暁の護衛の妙ちんだったと思う。
ていうかこの声は妙ちん以外ありえないな。まるわかりw
(ていうかリディア一色ヒカルだったのかよ…
 これはクロハの白兎(主人公)だな)


そして風音様…。
たぶん作品としては初めて聞くことになる。
実際聞いてみたらちゃんと仕事してた。よかったぁ……(おま
風音様は今回王子様みたいな女の子役だったわけだが、
あきらかに適任だ(おま
しかしそうなるとすげーマギウステイルが気になってくる。
あの風音様がどうやったらおっとりになるんだ…?信じられん(おま

まぁ、罵倒(おま)はさておき、今回最初に選んだルートは……。


真田設子


なんで選んだかと言うと……。

1.あれ、この登場というか、導入にデジャヴが……。
2.100%お嬢様は嫌いではない。
3.有理の第一印象は妙ちんレベルで最高だったが、だんだんむかついてきた
4.雪乃が暁の護衛同様、メインヒロインとしてのインパクトが足りなすぎる
5.風音様はとりあえず保留
6.ちびっこは最強にむかつくので最後か、最後の2番目に保留

かなぁ。
やっぱり一番目の『デジャヴ』が気になった。
紫色の髪、おっとりした性格……。

「でもまさかな。彼女と同じような境遇ではあるまい」


そう、最初は思っていました。 そんな自分が甘かった。



えぇ、敵でしたよ。しかもラスボス級


紫髪、おっとり、実は敵 という3つに当てはまり、
しかも私が最近(つっても1年前以上だが)やったゲームの中で、
この条件に当てはまる人物がもう一人いる。


シークレットゲーム~KILLER QUEEN~ 綺堂渚その人だ。

あいつも紫髪、おっとり系、そして実はゲームをまじかで撮影する
敵方のサブマスターだった。


おいおい……最近のおっとり系はこういうやつばかりなのか?


まぁいいかなって思ったけどね。


とりあえず内容だが。

最初は雪乃とか蓮を守ってたはず。
で、まず敵が出てくるんだが、
それが二人とも教職側、理科の先生とシスターだった。

シスター…かなり好きです。ティナ超かっこいいし可愛いし
最高です。彼女とぜひ殺りあってみたい……。

まぁそれはそうとして。
んで、残る敵はもう生徒内しかいないだろうなーと思いつつ。
しっかしシークレットゲームでもなんでもないんだから、
まさかメインヒロインっぽい選択肢が出てきた人間が
敵なんてそんな……と思ってたのがダメだった。

あぁ、お前やっぱ敵かと。 深層心理で80%はそう思ってた。



最初に、メインヒロイン三人の中に敵はいないと思った。


雪乃はメインヒロイン中のメインヒロイン(のはず)なので、
まず除外。

次に連はお父様のこと等、過去も現在も進行形で暴露済み。
そこまでストーリーを出されては裏設定の作りようがない。

次にちびっこ。こいつはある意味一番の絶対悪なのだが、
シュージ(主人公の名前よ)がちょい脱ぎかけのときに
押しかけてきたときの要員だったし、
肝試しも一緒だった。ついでに行動、精神的な面も考えて
演技とは思えない。あと肝試しのときにビビってたのが
演技とは全然思えない。 つーかちびっこだし。

次に有理。怪しいっちゃ怪しかったんだが、
彼女自体の思考シーンが多々あったところから、
それを覆す敵にはなりえないと判断。
もちろん、アイギスの情報が間違っていたり、
演技する隙は十分にあった。
また、途中で命令を変えられて
途中からシュージを殺しに行くかもしれない。
だから100%安全とは言えないのが彼女だった。

そして、設子。
思考シーンなし、たまに選択肢に出てこない、
過去シーンもないし、深く詮索するイベントもなし。
『大和撫子』という情報しか彼女に与えられていなかった。
まぁ、金平糖の下りや料理での千切りシーンもあったんだが、
理科の先生やシスターのように、たやすく数年前から潜入は
可能である。そのぐらいの『設定』は用意するだろう。
(性格の設定やらを用意してないシュージとアイギスはダメなんじゃww)


そして設子ストーリーへ。

なんとプロとして暗殺じゃなく正式に攻撃してきた設子。
おいおいwまぬけかww
突っ込みどころはありまくったが、まぁそのときから
すでに恋してたのだろうな。
職は違えど、ほぼ同じような境遇で育った二人だから、
お似合いのカップルだろう。
ついでに言うと、
暁の護衛曰く、お嬢様とは付き合っちゃだめなんだぞ!!
だからカップルになるとすれば
設子か有理しか基本ダメなはず。
不純異性交遊はダメだって基本理念もあるんだぞ。
撫子会がそれを破るところはあまり見たくないな…。

まぁ話はそれたが。

エロシーンもまぁ、変な環境下ではあった。
つーかこれもシークレットゲームを彷彿とさせるのだが、
お互い助け合った後にヤるというのは恒例なのか…?

違和感はあった。ていうかシュージ性格変わりすぎw
ま、ヤるときはヤる男だったということだ。よかったなぁ…男と認められて。

シュージの狼な豹変ぶりもあいまって、
勢いでくっつく二人。
ファランクスから見捨てられた隙を狙って
シュージが狩りに行ったと。それなんて失恋後を狙うダメ男w
ひそかにシュージの女装も好きなのに(ぇ
つーかお前はおとぼくの瑞穂ちゃんかっ!w(あぁ、これは一番言いたかったところだ

とりあえずタイトルらしく、『楯』としては強いシュージだが、
戦闘力はイマイチ。
私は暁の護衛の海人とか、つよきすの乙女先輩、またはせれぶみたいな
神か悪魔か、チートな人が好きなんで、
そこまで入り込めなかったかなぁ。

っと、エロシーンから離れてしまった。
状況はどうであれ、まぁ内容は普通。
1回目は舐めて入れて、2回目は舐めて胸で転がして挿入。
普通だと思うんだが。いや、ストーリーを無視しないとなると
明らかに違和感なんだが仕方ない。あくまでエロゲーの位置付けなんだから、
エロを入れなきゃ売れないんだろう…。非常に残念なことだ。


で、クリア。最後はアイギスに設子も入って、
双楯としてがんばっていく二人が描かれている。
実に幸せそうだな。誰も死んでないしハッピーエンドだ。


で、タイトル画面に戻ると、
いちばーーーーーーーん奥に居る設子が色有りの背景に。
やはりサブかw

この背景を見る限り、やはりメインヒロインは雪乃。
次に蓮。次にちびっこ。
次に有理で、最後が設子と言った感じ。
(主人公のシュージが色なしなのはなぜだ?)

基本的にルートを進めるなら、やはり前から
順にやるのが王道なのかもしれない。

しかし、今私の順位は


1位 ティナ(敵)
2位 妙子(主人公)
3位 設子
4位 有理
5位 蓮
6位 雪乃
7位 パンダのぬいぐるみらしきもの
8位 優(完全サブで攻略なしか?)


なんだわな。ストーリーとかまだ全然わからんから、
これはキャラの容姿と性格で決めているので、
まだ判断しかねない。

つーこって、今度は有理を優先的に攻略予定。





え、ちびっこ? 誰だっけ?(おま
スポンサーサイト



Comment





        
Top
Trackback
http://bloodyrosary2.blog93.fc2.com/tb.php/139-4dc8738b
Top