FC2ブログ
  • «
  • 2020'02:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »

Princess Party 第2馬鹿

というわけでゆかりルートクリア。


これこれ、これを待ってたんだよ!
いやまぁドタバタの勢いは失速するんだが、
ストレートで気持ちのいい恋愛だった。
ゆかりがなぜ西洋風お嬢様を装ってるのかの理由はわからなかったが、
和服で登場して綾香に立ち向かうときの彼女はかっこよくて素敵だった。
先に綾香ルートをやっていたからか、とても爽快だった。

いやぁ、好きだとわかったらすぐに好きと言える二人、そんな二人が好きだなぁ。
そのスマートで爽快なストーリーは100点満点だ。
というかよく自分の気持ちに気付いたなぁ二人とも。
本来ならその葛藤についてうじうじ進めていくストーリーが
この手のゲームの主流だと思っていて、少し萎えていたけど、
今回のは本当に良かった。素直が一番だよね。
これはもしかしたら、すでに大好き雰囲気満載の絵梨も期待が高まる。

さてさて、ゆかり本人に対する感想だが、
うん。可愛いねぇ。この娘が次にどう反応するかが良くわかった。
それは爽快さもそうだし、『王道』と言ってもいいかもしれない。
悪く言えば単純だけど、私はそれがいい。
変に話をややこしくするよりは全然いい。

青春禁止を崩壊させた後にバカップリを発揮させるが、
いや、これは許せるバカップルだと思った。
なぜなら、生徒会の仕事はちゃんとやってるから。
恋愛ばかりで他のことが腑抜けてるのが毎回バカップルの嫌いなところなんだけど、
ゆかりはちゃんとしていた。
祐司が極道に入れるところも含めて、いい流れだと思った。
そういう切り分けられる性格は大好きだ。
もちろんそれに付き添えられる祐司も
主人公として好きな部類だ。

エロシーンだが、個人的にだが好きな趣向のシチュエーションばかりだったかな。
学校で制服装備のまま⇒黒スト足コキ⇒黒スト股コキ(だっけか?名称忘れた)
⇒黒スト装備のまま⇒和服装備のまま という流れだったが、
うん、これはこれで王道かもしれない。
ゆかりの容姿から考えられるものは上のやつで
ほぼ全てじゃないかな。ローションは意外だったが。

あと、行為中も攻めと受けが逆転する場面があるのも、個人的には好き。
どっちにしても可愛いところが見られるし、それはつまり
可愛いと思える場面が増えるということだから。
まぁ、詰め込めるときに詰め込んでおくというのは少々欲張りかなとは思うが、
これでいいと思う。ストーリーを邪魔しているタイミングでもなかったはずだ。

というわけで中々の高評価。
ストーリーとしてもキャラとしても100点満点だ。

あー……これはあまり言いたくなかったが、
声優としてはちょっと声が素人っぽかったかな。
演出なのかどうかは知らんけど、極道っぽい声を出せる声優が
少なかったのかどうかはわからないけど、ちょっとだけ気になった程度かな。
ま、ストーリーを進めていくにつれ愛着でカバーできたから、
それはそれでいいかと思った。


うん、いい気味だ綾香(ぁ

(でもサブキャラ中の綾香は実にさっぱりとしていて好きだな。
 なんでメインストーリーになるとああも崩れるんだか……。)



次は絵梨をやって行きます。
素直すぎるあの性格、どこで破綻するか、または破綻しないのか、
どちらに傾いても少し妖しい感じはするが…。
破綻すると素直じゃなくなるか、いじけるかのどっちかだから
どっちも嫌いだし、
破綻しないはしないでのーたりんなバカップルが誕生しそうなので
それも嫌いだし、
もしかしたら嫌いかもしれない。
それを越える癒しを与えてくれることを祈る。
五行なずなには、こういう使い方だtt(ry
スポンサーサイト



Comment





        
Top
Trackback
http://bloodyrosary2.blog93.fc2.com/tb.php/122-a3b85448
Top