FC2ブログ
  • «
  • 2020'02:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »

シークレットゲーム -KILLER QUEEN-DEPTH EDITION 感想

さて、前々から気になってやりたかったシークレットゲームであるが、
やはり私の期待通りに面白かった。
『ゲーム』と『ルール』のある作品はどれも面白い。例外なく、ね。


まずは1つ、どうしても目についてしまうのはキャラ絵のクオリティだろうが、
立ち絵は正直言って下手糞だ。月姫以上、ひぐらし未満と言ったところか、
まぁそんなの後々全然気にならなくなるけど。(でもなぜか渚だけは可愛く描けてる)

ストーリー的には申し分ない。
殺し合いのゲームに強制的に参加される人達の話だ。
そのルールも言葉遊びも少々含まれており、
ぶっちゃけこのシステムを利用して別のキャラを使って
オリジナルのバトルロワイヤルでも作れそうな気がする。
そのうち『TWでシークレットゲーム』なんてのもできなくはないだろう。
そのぐらい、このゲームで出てきたルールの完成度は高い。
あーでも、トランプの『9』の使い方は、今回ちょっとって思ったけどね。
あとJOKERの使い方も交渉でしか使わなかったが、
是非とも手塚の手によって騙しのために使ってほしかった。

ま、いいか。
ちなみに家庭用ゲームとしても出ているみたいで、
結構人気(?)みたいだ。





というわけでキャラ別感想…。

・御剣総一
主人公。極最近彼女を失って死にそうな男。
彼のその悲劇的な状況と、彼女の約束という卑怯な武器を持って
色んな女の子を手にかける天然の悪魔。

まぁ、それ以外は極普通のありふれた主人公。
『相沢祐一』と言ってしまえば、大体の人がわかると思う。

つまり評価も普通。

人気投票では9位らしい。


・姫萩咲実
一応、メインヒロインと思わしき人物。
総一の彼女に似ているというだけで、特別扱いされてしまっている娘。
しかしまぁ、似ているからこそゲームに参加できたと
ゲームマスターも仰っているわけだし、
比較的偶然ではないのは確か。
しかしそれだけの娘ということでどうということはない。
EP4で総一の核心に迫るところだけはすごかった。
総一のことを好きだからこそわかってしまうのは
どのヒロインも同じだが、
『自殺の道具として利用している』ことをドンピシャに
言われてしまったときは、総一と同様こちらも驚いた。
そんなシナリオ持ってこられたら、それがトゥルーエンドだって
仕方なく納得されられてしまうみたいで、何か嫌だった。
どこをどう見ても、生存者の多いEP4の咲実エンドが
いいに決まっている。
そんな卑怯者は総一が許しても私と桜姫優希が許さん!

あぁいや、桜姫優希は優しいから許してしまうんだろうな…。
彼女が許してしまうなら、私も許してしまわねばならない。
というわけで私は姫萩咲実は好きにはなれないです。

エロシーンも極普通だったので流した。
あぁでも全ての戦いが終わった後にエロシーンに突入したEP1は
評価するべきかもしれない。
まだ敵のいる間にヤってる他の娘を見て、かなりむかついたのは
言うまでもない。

人気投票では6位みたい。


・桜姫優希
順番がおかしいけど、上で話してしまったので桜姫優希について。

結論から言うと、この作品中一番好きになったキャラだ。
誰よりも総一のことを思い、そしてこの
シークレットゲームを攻略させたのも、彼女の意思なしでは
ありえなかっただろう。

彼女が総一を思う気持ちは、他の誰よりも強く、そして誰も勝てない。

彼女は交通事故で死んでいる、総一の幼馴染であり彼女だった。
彼女は総一と『ズルはいけない、まっすぐ生きろ』という約束をした。
本来彼女は同じくそのゲームに参加される予定だったが、
交通事故により急遽メンバー変更されたというストーリーだった。
つまりは、交通事故にあってもあわなくても、
総一とその全てを助けたのは言うまでもない。
むしろ総一よりもヘタレじゃない分、彼女さえ居れば
ゲームは平和に解決したんじゃないかと思う。

彼女がいたからこそ、総一は生きて帰ることが出来た。
総一だけじゃなく、他にくっついてきた女どもも生きて帰ることが出来た。
しかも体だけじゃなく、心まで救える力を、総一に与えてくれた。
…いや、総一は元々その力を持っていたが、桜姫優希にしか
それを向けてくれないことを残念がっていたところからして、
総一の力を引き出すことが出来たのは彼女のおかげだ。
与えたのではなく、引き出した。
『引き出し直した』咲実とは訳が違う。
引き出す前の総一と咲実が出会っていたら、
絶対咲実は総一なんか信じていない。咲実だけじゃなく、
他の娘もそうだ。

全てを救ったのは桜姫優希。
総一を、それこそまったく最初から信じていた
彼女が本当に好きだ。後から出てきた娘などその存在すら掠れるほどに…。
あのヘタレな総一を、本当に愛していただろうに…。
ご冥福をお祈りします。
そして、本当に大好きです。
総一を最初から信じてくれて、ありがとう。

人気投票では、その枠すらもらえなかった。まじふざけんな。


・矢幡麗佳
『れいか』という名前と『手錠』という道具と、
『ツインテール』という特徴と、『ツンデレお嬢様属性』という正確からして、
誰を想像させるかと言われても私には二階堂の娘しか思いつかない。
あ、でもツンデレって言ってるのは本人らの勝手で、
まったくもってツンデレじゃなかった気がする。
どっちかというと理系のお姉さん系だと思う。

とにかくかぶりすぎて変な先入観があり、あまり評価できなかったが、
でもまぁ『手錠』というアイテムはかなりよかった。
某暁の護衛でも話題に上がった通り、あれを男女でやったらどうなるかを
まさしく実現した内容だったと思う。その点に関しては評価が非常に高い。

キャラ的に見たら、桜姫優希の次に好きかもしれない。つまり2番目に好き。
そもそも私は金髪女子の評価がとても甘いのもあるが、
EP1で見せた狂気な麗佳がいたからこそこんなに好きなんだと思う。

ストーリー的には、一番守るものが少ない麗佳だから、
一番トゥルーエンドには遠かったと思っている。
手錠がなかったら総一もそこまで惹かれなかっただろうし。
つまり一番被害の多いエンディングだったと言える。
人が多く死んだ代わりに得た愛は、あんまり好きにはなれない。
それでも彼女を2番に選んだのは、もしかしたらそんな境遇である彼女への
同情票であるかもしれない。我ながら最低な思考かもしれないが。
というか1番が桜姫優希という時点で、
それ以下はあんまり…。

あと、エロシーンは意外にもいい感じだった。
あまりエロシーンを褒める私ではないし、特に理由もないんだが…。
ま、好きなんだから仕方がない。



最後に、彼女はドジっ子だと思う。
EP1以外は全部罠で怪我したり手錠だし。
そんなところが可愛かったりする。

人気投票では2位だった。さすがだ。


・綺堂渚
唯一立ち絵がまともな人物。
ゴスロリ衣装もかっこいいし、性格もおっとりなのだが、
どうやらあれは真奈美の受け売りらしい。
結構好きだったんだが、もし容姿と性格が好きだというのなら、
それは渚じゃなくて真奈美のことが好きという結果になるのではないかと思い、
それは=渚のことが好きなんじゃないんじゃないかという結論に至った。

つまり、本来の渚を好きになることは永遠にない。
あれが本当に初めから本人の衣装と性格であるのなら、
2番目に好きになったはずなんだけどなぁ…。
というわけで3番目です彼女は。

真奈美を一度殺しているという時点で見ると、
総一と渚はかなり近い位置にいると言ってもいい。
そりゃもう好きになるのは必然じゃないかと思った。
まぁ案外そうでもなかったようだが。

思ったのは、麗佳の位置に渚が居たら(手錠でもつければ)、
ちょっと面白そうだったかもしれない。
麗佳のストーリーだと初めに一緒に行動するのは郷田だが、
EP3のように渚が最初に行動し出して、
罠にかかって総一が助けてPDAを壊して、
かつ渚が何かの拍子に罠にかかって手錠でもつければ
よかったかもしれない。
二人ともすぐ信じあうから手錠をかけたところで
障害はなさそうだが、いち早く渚は
総一の過去に触れて速攻で恋したに違いない。

で、エロシーンも極普通。いい顔はしてたんだけど、それだけだった。



人気投票では1位だったみたいだ。
うぅん……気持ちはわからなくもないが……。みんな色眼鏡をつけて
彼女を評価したのではないかと思った。
あぁ、私は私で別の色の色眼鏡をつけている気がするから
人のことを言えなかった。残念。


・北条かりん
うるさい。

人気投票では3位。意味がわからん。


・北条かれん
かりんの妹。彼女はなぜかゲームと本気で関係ないのだが、
EP4の最後とかEP2の最後とかEP3の最後とか
色々出てくる。
それは総一が守れなかったことを、かりんが
守ることにより、物語の溝に大きくはまることとなる。
まぁ、EP4以外だと総一の自己満足⇒自殺の道具云々が
解決されていないのであまり思わしくないのだが、
とにかく彼女は彼女なりに重要人物だった。

そう、彼女は『14人目』なんだろうね。


・色条優希
ちびっこ。まごうことなき北都南。
あぁでも渚役の梨本悠里でもよかったかも?
とにかく咲実さえいなければ色条優希エンドも
あったのではないかと思えるほど思わせぶりなキャラだった。
お約束すぎなキャラではあるが、でもなぜか影が薄い感じには見えた。
全部騙してトランプ『9』の役割を
おおいに振舞ってくれたら、かなり面白かったのかもしれない。
EP4まで全然出てこないことも原因かもしれない。

が、よく考えてみるとEP1で手塚が死ぬ間際に言っていたのは
EP4の付箋だったのかもしれない。
EP2、EP3のときもいつのまにか死んでるし。(または郷田が回収した?
EP1は色条優希を回収している途中の軍隊に
手塚がうっかり合流みたいな感じか?
となれば、EP1とEP4は少なからず『ゲーム』というものが
消えてなくなるエンドなのかもしれない。
EP1は色条優希が死に、その父親が激怒か鬱になって
ゲームごと消えるもの。
EP4は文香率いるアルファチームが
色条優希の父を捕らえて、ゲームごと消えるもの。

そう考えるとEP2とEP3は
まったくもってハッピーエンドじゃない。
彼ら、彼女ら個人レベルでは平和に生きて帰って
これたかもしれないが、悲劇が繰り返されるのは言うまでもない。
色条優希が回収されたと思われるEP2、EP3エンドを
肯定する気には到底なれそうにない。(と言いながら麗佳エンドは好きという矛盾

そういえばEP3で文香が首輪が外れたときは、
アルファチームの工作をする付箋だったんだろうな。

っと、話がそれたが、色条優希自身に対しての評価は
悪くもなく良くもない。
彼女がキーとなって8人が助かり、ゲームがなくなるのは
これ以上ないハッピーエンドだが、
その道具にしか彼女が使われていないことが不憫だ…という程度か。

人気投票では4位。予想に反して高評価。


・陸島文香
アルファチームでこの『ゲーム』をぶっ壊そうとしている人。テロリスト。
明るい感じだが、まぁ所属しているところが所属しているところだけに、
厳しい面もある。
ちょっと前にやったSWAN SONGで言うと、たぶん田ノ村の位置。
平和が一番だとは重いつつ、戦うことが出来る人物。
彼女の陽気さは総一を幾度となく救った。
そういえばEP1で文香が総一のことを知っていたのは、
アルファチームとして情報を知っていたからだったんだなと。
EP4になって判ることがあるので、もしかしたら
EP1からやり直したらまた面白いかもしれない。うん。もう一回やろう。

とまぁ、そんなことを思わせるキャラの一人だった。
個人的には好き。脇役にしては重要人物すぎ。

人気投票では7位。がんばった。

・郷田真弓
ゲームマスター。彼女のせいとは思わないが、
まぁ率先して殺し合いの手助けをしていたので悪なんだろう。
なぜ彼女が『組織』としているのかはわからない。
最初から『組織』の仲間だったのか、
渚みたいに一度『ゲーム』をした後に入ったのか、
その理由は不明。何か守るべきものがあるという付箋もない。
残念ながらあまり評価は出来ない。
何か理由があるなら同情できたけど。
まぁ、理由がないからこそ悪役としてがんばってくれた
彼女はやはり、『ゲーム』自体の謎を少しずつ
表面化させていった重要なキャラとして評価するべきだろう。

しっかし、EP4じゃとてもかわいそうだった。
そういえば咲実が言っていたな、「悪の栄えたためしなどない」と。

人気投票では最下位の12位。まぁしょうがない。


・手塚義光
ある意味、このゲーム内での【裏の1位】。
シークレットゲームを盛り上げてくれたのはなんといってもこの人。
かなり悪として評価されているが、いわゆる『気持ちのいい悪』だ。
自分の欲望のままに生きている。彼がいなかったらこの
シークレットゲーム -KILLER QUEEN-という作品は
かなり味気ないものになっていただろう。
とにかく頭が良すぎた。EP1の麗佳も相当だったが、
それに匹敵するかあるいはそれ以上に強かった。
EP1でも回収中の色条優希に手を出さなかったとしたら、
麗佳VS手塚 というとんでもなく面白い戦いが
見れたかもしれない。 非常に残念だ。

とにかく個人的にはかなり評価が高い。
組織側からしても、彼のようにお客を喜ばせるような悪は
貴重な人材だったと思う。
そして最後のEP4での総一の味方になったかのような活躍。
予想はしていたが本当にそうなった。
もう感謝の言葉を伝えきれないぐらいだ。
手塚というキャラをあそこまで育ててくれて、本当にありがとう。

人気投票では8位。わかってないなぁ…。


・葉月克巳
EP4で生き残ってくれて本当によかった。それだけ。

人気投票では11位。不思議はない。


・高山浩太
さすが傭兵、といったところか。

人気投票では5位。おいおい…。


・長沢勇治
総一が首輪を解除する条件が不可能だということから、
もしかしたら長沢だって救えたかもしれない。
こいつもまた、麗佳みたいに手錠で総一と繋がっていれば
素直になったかもしれない。
そういう意味では、エロゲーというだけで
死んでしまった彼を救えなかったのは、
こちらとしては唯一の心残りだった。
人を殺さずに制御室にいって彼の首輪を外せたなら…。

というわけで、渚&長沢エンドなんてどうだろう?無理か。

人気投票では10位。なぜ葉月のおっさんよりこいつのほうが人気があるんだ。


・漆山権造
よく陵辱ゲームとかで出てきそうなおじさん。
どう見ても噛ませ犬。かわいそうだが同情の予知はない。
彼を元に本当に陵辱ゲームが出来上がりそうだ。

人気投票では大量の不正投票があり、棄権扱いとなったらしい。
漆山も馬鹿なら、不正をしたやつも馬鹿だなぁ。
せめて13位になればよかったものを。かわいそうだ。


・スミス
いいキャラだった。



全体を通して…

100点満点中95点。
そもそもこの手のシナリオは100点近くは必ずなるのだが、
なぜ95点かと言うと見積もりはこうだ。

桜姫優希が大好き   100点
姫萩咲実がズルい   -50点
かりんうるさい    -30点
渚が真奈美をぱくった -20点
ゲームの発想がいい   50点
手塚ががんばった    30点
麗佳が二階堂っぽい   15点

桜姫優希がいなかったらマイナスになっていたところだ。
まぁ、それでもゲームの発想がいいことがとても嬉しい。
ぜひとも別キャラをこのシークレットゲームに参入させてみたいと思った。

なぜ私がシークレットゲームがほしいと思い立ったのかは判らないが、
過去の私に感謝したい。
この作品に出会えたことを、そして桜姫優希という
優しい幼馴染に出会えたことを、本当に感謝したい。
私の心の中にまた、大好きでかけがえのない存在が
生まれたことを、感謝したい。

『ズルはいけない、まっすぐ生きろ』

その意思、確かに受け継いだ。


あ、書き忘れるところだったが、
ひぐらしみたいに全クリア特典として
その後の打ち上げと、
声優さんがNGを出したときの
本編を上回る可愛いっぷりと爆笑っぷりを
見せてくれるところは、かなり点数高いと思った。
いや、本当に「にゃにゃにゃにゃ・・・テイク2」 って言ってるところとか
鼻血もんだった。すごく可愛い・・・・・・。
あれを点数にいれたら、結局100点満点中100点だな。うん。



と、いうわけで次はプリンセスパーティーをやってきます。
スポンサーサイト



Comment





        
Top
Trackback
http://bloodyrosary2.blog93.fc2.com/tb.php/120-a5af59f9
Top