FC2ブログ
  • «
  • 2020'02:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »

幽遊白書とか

幽遊白書のアニメ動画がたびたびYoutubeに上げられているが、
どうやら戸愚呂編で毎回止まるみたいだ。
最初にあげた人が戸愚呂編までしか保持していなかったのか。
その後に幽遊白書を上げていた人の初代が消え、
それを保存した人が再アップを重ねていったのだろうか。

私は幽遊白書はそれなりに好きではなったが、
とにかく何かとつけて中途半端に見ていた。
小学校のころに幽遊白書が好きな友達もそれなりにいた。
確か蔵馬をオカマっぽく演じて笑いを取っていた気がする。関係ないけど。


改めてこの作品を見る。なかなかに王道を行くストーリーだ。
主人公が強くなり、戦いの中でも成長し、本来持ち得なかった力を
発揮するという構図は今でも心を熱くさせる。
ここまでがんばった作者は現在では自由人かつ怠け者な扱いを
受けている気がするが、ハンターxハンターは構想を考え抜かなきゃ
成立しない物語ゆえに、難しいのだろう。
ルールが多すぎる。幽遊白書は根性さえあれば強くなれるところが売りだが、
ハンターxハンターは戦略とかルールとか色々あるのが売りである。

どちらの作品も大人気には間違いない。
ハンターxハンターもアニメをやっていた全盛期は
大盛り上がりだった。
今では異質な信者が多いような気がするが。



余談だが、飛影の声のトーンは暁の護衛の麗華と同じだった。
というか 飛影≒麗華 と言ってもいい。



一昔のアニメや作品とは、やはり今のアニメとは
違う部分があるのかもしれない。
時代の空気を読んで作るのはもちろんだが、
しかし、そうであれば今見る幽遊白書が
そこまで面白いと思えるだろうか?
空気を読みすぎて、アニメや漫画の本質を
読み違えていないだろうか?
それは作者だけではなく、読み手、つまり私たちユーザーも
本当に求めているものを掴めずに迷っているのではないだろうか。

最近では深夜放送等に流れていっている『再放送』だが、
再放送アニメというのは大事かもしれない。
もちろん、続々と出てくる新作アニメの行き場がなくなるので
現実化しないだろうが、それでも再放送というのは
画期的なテレビのシステムかもしれない。
画期的ではあるが、売上にはならないので、
やはりどのテレビ局も企業もやろうとはしないだろう。
再放送よりはDVDのほうが金を儲けられるに違いないのだから。


しかし、そんな金儲けに飽き飽きした人たちが、
Youtube等で無料配信し、結局ほとんど売上的には変わりはしないのである。
それに、再放送とはいえ1度見逃せば結局DVDを借りたり
買ったりして、それこそ昔のアニメ番組の宣伝になり、
売上が伸びるかもしれない。
まぁ、テレビ業界もDVD業界もわからない私が
何を言っても意味がないのはいつものことである。
スポンサーサイト



Comment





        
Top
Trackback
http://bloodyrosary2.blog93.fc2.com/tb.php/103-aa4c5d5c
Top